東京の外壁塗装が重要になってくるのは家を守るためです

サイトマップ

住宅

外壁塗装の目的と塗り替え時期 

白い家

家を長持させるには、外壁塗装の塗り替えが欠かせません。とはいえ、外壁の痛み具合が目立ってきたとき以外では、必要性をあまり感じないものです。そもそも外壁塗装の塗り替えは、何のために行うのでしょうか。
まず、第一に、劣化を防ぐために補強することが目的です。砂埃などにさらされ、また紫外線や酸性雨を浴びている外壁は、実は想像以上に負担がかかっていて、劣化が進んでいます。ですから、ひどくなった状態では、遅いといえます。現在、雨漏りのトラブルがなくても、雨漏りを想定してフォローしておくことが大切です。
では、外壁塗装はいつ頃を目安に行うとよいのでしょうか。一般的に、外壁の塗り替え時期は、家を建ててから10年目くらいがよいと言われています。築10年を目安に外壁の塗り替えを行うことで、約3倍家が長持するそうです。劣化がひどくなってから外壁を補修したり、塗り替えをしたりすると、膨大な修理費用になりかねません。塗り替え時期を見逃すことなく、定期的に行うことで費用を最小限に抑えることができるのです。外壁をじっくりとチェックするということを普段からしている方は少ないと思いますが、築8年くらい経ったころから、月1回くらいは外壁を一周してチェックすることをおすすめします。 

TOP